6tsu角notes(ムツカドノーツ)

ムツカドあたりから流れる♪のごときニュアンスを

プラスαの誘惑

酔った勢いでもう一軒
勢いを借りて、新しいお店や、旧知のお店に顔を出す(ここ最近の、飲み屋巡りのお話です)。

面白いほど‘出逢う’な最近。

老若男女問わず、愛すべき酒好きと。

また、ブギーな夜を過ごしてしまいましたよ。




1#24



今年も‘西鉄ホール’と‘イムズホール’で『福岡演劇フェスティバル』が開催される。


4月開催「福岡演劇フェスティバル」−福島の劇団など8作品上演へ /福岡(みんなの経済新聞ネットワーク) - Y!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140124-00000048-minkei-l40

舞台芸術見本市』ということで
特にテーマを設けないのが特徴とのことですが

今年の企画は、ここ数年では一番興味深いなと思う。
ただ、ちょっと分かりにくいかもしれないので

どう提示できるか、関係者の皆様と考える1日となった。


個人的に気になる、おっ!と思ったのは
以下3つの公演企画。


■14+ × 劇団HIT!STAGE『血の家』
(4#26〜27西鉄ホール)

佐世保の劇団HIT!STAGEの作品を
福岡で近年、際立って多彩な活動をする劇団14+(フォーティーンプラス)の中嶋さとが演出。
出演は、両劇団の役者から。

静かな台詞劇で、人間の根源を描くイメージの作家‘森馨由’作品を、‘中嶋さと’がどう仕掛けるか、動かしちゃうのか。
化学反応がどう起きるか、楽しみです。



■劇団うりんこ『妥協点P』
(4#18〜19イムズホール
名古屋の老舗劇団うりんこが、‘柴幸男’(ままごと)を作・演出で

『高校の図書準備室で巻き起こる密室群像劇』を創る。

これは全く想像できない

想像できないアプローチで作品を提示する‘柴幸男’
どう仕掛けるか、全国的に注目されるでしょうよ。
個人的にも一番気になります。


もうひとつ

■プロジェクト大山『御開帳』
(5#16イムズホール

コンテンポラリーダンスの類になるのかな。
女子だけのカンパニー、ビジュアル見るだけで、センスの良さが伝わってきます。
ボール一個分のコントロールを自在に操ってくれそう、そんなイメージ。
ついに福岡で見られるんだなと、期待値高いです。



追記
来福された演劇人の皆様と、交流する場を設けていただいた

ただただ楽しく、刺激的な時間でした。

楽しくも身の引き締まる といいますか

身を引き締めながら
ただ ただ福岡の旨いモノを飲み食いする決起集会的というか


超絶うまい鶏皮を食べさせくれる『かわ屋』(警固町)が
奇跡的に予約できまして

福島から来た劇団主宰の皆様と行きました

福島あるあるとか、酒のツマミに聞きました(メモ)

福島あるある

初対面で‘何藩出身?’と聞かれるらしい

冗談じゃなくマジで。

返答によっては全く口も聴いてくれないらしいよ。

とかね。


それから、白虎隊Tシャツいただきました。

次回、黒田官兵衛Tシャツを仕込んでおかなくちゃ。



よい週末を。