6tsu角notes(ムツカドノーツ)

ムツカドあたりから流れる♪のごときニュアンスを

春の鍵穴

朝ぐだぐだでギリギリで

なかなか思い通りに進まず

少しずつイライラしながらも

前には進む類いの仕事なのがさいわい。

夜になると研ぎ澄まされ

一区切り着くと達成感もあり

クールダウンの為に徒歩で帰宅する

一息着いたらホッとした気分で

ワインをちびちちびとなめるように飲むと

ソファに堕ちて

また朝がくる。



3#11

朝に近い夜更けのこと

気持ちよい脱力感で事務所を出る

徒歩帰宅

いつものようにエレベーターを降り

カードキーを我が部屋に差し込む

あれ

なんだ


ドアが開かない


カードキーも脱力かよ(ちぇっ)


何度かガチャガチャとやるが

ドア開かず


あれ

何やら中から人の気配




ハッとして

恐る恐る

左上の部屋番号を見上げる


ま・ち・が・え・た


一階下でエレベーター降りてた


わ、ごめんなさい中の人


恐る恐るって


中の人

‘恐れ恐れ’てしまうシチュエーションですよね、、、


わざわざ謝るわけにもいかず

スッーとフェイドアウトして



ダッシュで階段を登り

正しい部屋の鍵穴には

正しくカードが滑り込む。

ごめんなさい、まだ見ぬ階下の人。


猛省、クールダウンのために

新しい赤ワインの栓を開けて

朝が、きた




どこか生活の鍵穴が

磨り減っているようにも思えるが


また一巡りして、春はもうすぐ来るようで

カチッとはまる瞬間も近い

それを信じながら、時間を重ねてみる。