6tsu角notes(ムツカドノーツ)

ムツカドあたりから流れる♪のごときニュアンスを

春眠と月曜日の過ごし方及び火曜日(祝日)を楽しむための手引き

雨が降り、少し汗ばむ月曜日。


春眠は、幸せ感と果てしない堕落感の間にある


眠くても、月曜日の取り組みが1週間を左右する


1週間が1ヶ月を、1ヶ月が3ヶ月を

3ヶ月が半年を

半年が1年を

果てはそれらが人生そのものを左右するかもしれない。



所詮、月曜日などただの区切りでしかないが


ただの区切りをあなどるなかれ


月曜日は

社会と自分をすり合わせる儀式的な祝祭的な、始まりのポイントなのである


試行錯誤は続くのでありますが


この日


夕方17時半に、絶対断れない用事(お酒も入る会合)を突っ込むことで

朝〜夕方までの密度を異様に高める作戦をとった。


それでも、早起きできないという


春眠中毒に犯されてしまったらしいので



起きてからの脇目をふらない状態が半端なかったよね今日は。



17時半からの会合が、ずいぶん不思議な集まりで


41歳の自分が、ほぼ最年少という時点で


この国を動かしているのは、まだまだ上の世代である、、、的な


不思議な光景を目の当たりにして


“清濁併せ呑む”みたいなことではあるのですが


それはちょっとエンタメ的に見ると面白かったりもする。


吞み込まれるのではなく

自分の懐でこの人たちとどうやって遊ぼうかと自分なりの作戦を立てた。


素性のわからない人たちと、話をしながら少しずつ距離を測る感じとか

わりと嫌いじゃないんですよねオレ。


さて、するっとこの魔境を抜け出した


やりのこした仕事をあと1時間で片付けて


それでも22時前に自由になるので


月曜夜の中洲徘徊をしてみようかと思います。



明日は、お休みをいただいて


朝8時〜10時 リニューアルした天神(今泉)のツタヤでお茶

10時過ぎ、博多駅

JR九州ホールで「アートアクアリウム展」を見る

午後から、佐賀に移動して

シアターシエマで「曽我部恵一」さんのライブを見る

http://ciema.info/index.php?itemid=3366

ライブ終わりで、そのままシエマで曽我部さんセレクトの

映画「復讐するは我にあり」を見ようかと。


その後、時間を見計らってマッサージと温泉と

それからお酒。


完璧な休日を過ごすのです。


早起きしたい、早起きしたい、早起きしたい

(でも夜遊びも大切)