6tsu角notes(ムツカドノーツ)

ムツカドあたりから流れる♪のごときニュアンスを

そこにある古きて新しきアレ

丸々一日部屋で過ごす。

日曜日だ、である。

RSR2017の荷造りを大方終えた。

自宅→会場へ      福岡→北海道へ

3個口の荷物が数千円で飛んで行っちゃうんだぜ

日本の宅配サービスの恩恵を感謝している瞬間指数、上位100人には入っていると思うよこの日の瞬間的連続的詰め込み作業的なおれ。

何しろリュックひとつ背負って北海道でキャンプ&ロックフェスにダイブできるんだ。

この楽しげな気持ちを記録しておくためにblogを更新してしまおうとしているのですからね。。

引越しして放置していたこの場所をあたらしい気持ちで埋めようというのだからね

心境の変化もなかなかじゃないか俺俺。

 

2017年の夏は予想の軽く上をゆく。

存在しているだけで息苦しい暑さ。 

猫はまとわりつく、夏毛に脱皮する、風に毛玉が舞ってもうひとり猫が出来そうな変化の季節

さぞかし暑かろうと呟くが彼らの表情に変化の兆しはない。猫のいる風景は素敵だ。

 

クーラーのきいた部屋で昼ビールと素麺と、

録画していた『ハロー張りネズミ』を見る。大根仁は、最も新しい仕事を誰にも邪魔されず、ほどよいシチュエーションで目撃したいクリエーターのおひとり。

瑛太は、起ち耳族のプリンスで、俺は執事になってもいい。起ち耳界では絶対的存在である。

松田優作探偵物語的あそび心を感じる、大根監督、いい仕事ありがとう、2話一気に見たったわ。集中しすぎて軽く深い眠りに就いた。

気がついたら21時、これぞ(仕事しないと決めた)日曜日の適切で堕落した明日へつながるシチュエーションだ。

お腹は空かない、外に出る

何度も通っているのにいつも素通りする居酒屋

なぜだかふらっと入ってみたのだ。

出逢いとか縁とか、そういうものだろう、何か適切で堕落した美しいタイミングのようなものがあるのだ

なぜ今までここにきてなかったのだろう

今この日の感動を演出するために来なかったのだろうか?

古くても新しい、そういった時間や空間や場所や状況がある。

 f:id:yanaichi2:20170724222256j:image

 

 

 

 

 

 

 

それでも時間は過ぎる

大阪のM氏から連絡があって何やらトレーニングをはじめて7キロほど体重を絞ったとのこと

ちぇっ

ちぇっ

最近のオレはといえば、炭水化物につぐ炭水化物の日々で
どのあたりでこの生活に辟易して、反動のようにストイックな生活に入ろうかと体と心が訴えかけてくるかと楽しみにしているが、一向にその気配はない

それどころか、昨夜仕事帰りのリンガーハットにて太面皿うどん+生ビールのコンビで満足して帰った後に立ち寄ったボンラパスで、ポテチを購入し部屋のソファでごろごろしながら缶ビールと共にたいらげるという快楽に身をゆだねたのだ。

着やせという表現が最近のオレにはふさわしいが、ここ数日意識的にフェイスブックにあげた自分の画像の腹まわりには隠せない膨らみがあってちょっと頼もしい。
手帳の毎日のページに「スリムで強くしなやか肉体と精神」と書いていることで無意識的にそういう方向に向かおうとしているのですが、どうも食への無意識的欲求が勝っているんですね。。
もうすぐ肉体に関心がいくよねオレ、、とこの場所で呼びかけてみる


さて、先日ひょんなことから小学校の同級生が集う「同窓会」に参加した、とはいえオレの同級生ではない。。2歳年下の学年の同窓会である。
とはいえ担任はオレが小学校の5〜6年の時のT先生である。
ややこしいけど、T先生と酒を飲みたいがために、人の同窓会に飛び入り合流したのだ。

絶対アウェイだぜと思ったけど、2歳年下の初対面のみんなとは普通に仲良くできたんです。しかも幹事のF氏からはその後もご連絡いただき、なんか仕事がらみの企画につながりそうですし、彼に刺激を受けて、正式な同級生を集めて20年以上ぶりの同窓会を企画している。。
不思議な縁よありがとう
SNSを駆使して、切れ掛かった縁をつないでいくのだがこれは幹事特権で面白いね。東京はもちろん、アメリカとかハワイとか沖縄とか、みんないろんなところにちらばっていらっしゃる。あの頃11歳とか12歳の少年少女たちがそうやって元気でつながっていくのはドキドキするよね。

T先生が30歳の頃オレらは12歳で大人と子供だったのが、今や60歳と42歳で大人と大人になってるのも時間の不思議。
ただただいろんな話がしてみたいと思ったよ皆と。


幸いにも元気でメシがうまい。少しは誰かの役にたてそうだ。

2015初夏は甘酸っぱく

初夏、気候がよくてゴールデンウィーク辺りから、昼酒が続き

胃の辺りにアルコールが残っている感じがする

毎日毎日「気がつくと朝」である

残りの疲れがお腹の脂肪に変換されているが、

もう少し溜まったらあぶって野良犬の餌にでもくれてやれ

最近では野良犬すれ見つからぬ清潔で意地汚い世の中ではあるのですが



この季節は、欲望の刺激され方が半端ない

いくらでも酷使できそうな感覚の時間と金と肉体と精神


アクセルとブレーキを同時に踏み続ける果てにあるものの正体を見たい


昨夜、地元の舞台関係者の打ち入り飲み会に参加した

誘われついでに勢いでお誘いした、最近お気に入りの某劇場Pが
途中参加してくれた。

その場にいる20人くらいの面々に、彼が自己紹介をした
ぼそぼそとどうでもいい言葉を重ねる彼のニュアンスがなかなかどうして嫌いじゃないんだ


最後にボソッと 

「好きです・・・」と言った
まるで中学生の男子のような純情さで

その「好きです」に、なぜだかその場にいた全員がざわついた、ざわめいた



帰りがたく「大いなる樹」に流れ、へろへろに飲みながら
地元に関連する文学作品をミュージカルに仕立てあげるにはどうすればいいのか・・・みたいな議論をちょっとした  

ような気がする。トイレで一瞬記憶が飛んだ

長い長い時間がたって、トイレから出たが、ミュージカル談義も富んでいたようで、俺の不在はそこにはじめから存在しなかったように楽しげな空気が浮遊していたのだ



また朝がきて、シャワーを浴びて、事務所に向かい、昨日あげたフェイスブックの画像を見ながら

終わってない仕事を本日どこまでやれるのだろうかという
小さい小さい不安、胃もたれとペットボトルの水は飲んでも渇きに追い越される

早く仕事を終わらせてベルギービールウイークエンドでビール飲みたい欲望

昨夜DVDで途中まで見て寝落ちしたキム・ギドクの「悪い男」を見ないとちょっと気持ち悪いぞと

初夏の風が気持ちよく入ってきて、胃液が甘ずっぱくてキュンキュンするぜ

2014サンセットライブ日和。

残念ながら、金曜日は仕事のため参戦できず。

土日は思いっきり飲んで喰って踊ってはじけますか、サンセットライブ

いろいろな夏野外フェスに行きましたが

このユルさは唯一無二、大好きです。


今年はパームステージでぴあ抽選ブース

絶賛営業ちゅう@サンセットライブ

お待ちしてます。 http://fb.me/1n2Ss03MH


夕凪ステージ@サンセットライブ

ちゃげあすかっ!?が

ヤーヤーヤー、盛り上がってますね〜。

ビートステーションで11/11にワンマンライブも決まってます

皆様ひとつ応援を!? http://fb.me/1pw2l7KMa


今年も楽園フェス。

ここは天国か、いや現実だ

でも天国はこんなんだろうな〜


福岡市内は雨でもここは降られません。 http://fb.me/6FwpOQRqh


やや曇り空で、近年では人の少ないサンセットライブ

逆に贅沢です。


明日もたくさん音楽を浴びて

酒に浸り、狂ったように踊りませ

みんなも来たらいいよサンセットライブ

夏の終わりと秋冬のはじまり

ギョーザを食べながら、ビールを飲んでいた。

「なんか、眼に生気が戻ってきたみたいね」と言われたのだ。


よく分かるね、そういうのあんまり知られたくないので
そもそもの低空飛行キャラなのにね。。。

やや重圧を感じていた企画があり、周りが皆敵に見えるような危うい精神状態だったようなのだ(振り返ると)

昨日朝の打ち合わせで、少し光が見えてきた。優秀なスタッフがいてくれてありがたい、あー、ありがたい。

あとは、自分の時間配分。時間密度のメリハリが必要だ

少し抜けた感があるので、あとは楽しむのみだなと。


ビールを飲みながら
「今年の夏は全然暑くなかった」と言われたので

あれ?と思い
「え、いつになくオレクーラー稼動して、今年は暑い夏だと思ってたわ」と、応えた。


どっちの感覚も別に間違いはなくて、人間の感覚などだいたいそのようなものだ。


運ばれてきた“ルーロー飯”は旨いし、今朝の大雨がうそのように、カラッと晴れて空気は澄んでいる。

夏のことを自然に振り返るほどに、夏が過ぎていくことを認識する。

サンセットライブを経て

来週から、大相撲の十一月(九州)場所の先発事務所が国際センターに開設される。

10月にチケットが売り出しになって、11月の本場所が来る頃には
秋が冬に変わっているのだ。

夏のことなど遠い昔のように感じてしまうのだろうね

9/5(金)まで、ひたすらひたすら先の(来年2月くらいまでの)ことを、同時並行的に考え、やれる企画書やデスクワークは前に進めることにしている

9/6(土)と9/7(日)はサンセットライブの会場で、ひたすら音楽と空気と、最後の夏を味わう。

その辺りが季節の端境期、グラデーションが秋よりになって、僕はネクタイを締めて、力士の皆様へと歩み寄るのだ。

そうやって9月も早足で過ぎていくのだ。

日常的変化と秋めく生活


今朝もスタバで一時間ほどコーヒーを飲んでから事務所に出勤する。

ほぼ毎日、あと1時間早くきて、日常のいろいろなことの作戦をたてたりしたい、、、と思いながら
だいたい、30分の単位で、早くなったり遅くなったり

現金で払うのが面倒なので、スタバカードにして、スタバカードにチャージするのが面倒なのでクレジットカードから自動チャージできるようにした。

残高1000円切ったら、勝手に2000円入れてくれる

結局、自分の財布なんだけど、お金の流れが変わると気分、行動なんかも少し変わっていくんだよね

現金も小銭も少しは持ち歩いてはいますが、ほとんど使わなくなってるのよ俺ったら

少額でもカードだし、nanacoだし、クオカードだし、ニモカな感じ。

そういうの、完全(とまではいきませんが)に、コントロールできるようになった、

そういうの、なかなか楽しい。
ちゃんと現金支出については手帳につけていたりする

リアルな数字とロマンチックな妄想と、スケジュールとTO DOのカオスな手帳

自分のささやかな生活の構造と、自分の仕事に関する大型のライブイベントの構造は少し似ていて

ある区切りが終わると、、またその先に新しい区切りのようなものが見えてきて、それに向かって気持ちを高め、息抜きし、具体的に積み上げる

繰返しのように見えて、違う毎日と、日常の先に長いのか短いのかすら分からない人生がある、、、登場人物は多種多様、誰かを好きになったり嫌いになったり


9月に入って涼しくなりました

もうすぐやってくる重ね着する日々のことを考えながら
今週末のsunsetライブは真夏の出で立ちでも良いだろうか、とドキドキしている。

8月の懲りない俺々

なんだかんだ8月最終日。

全国高校軟式野球の準決勝 中京VS崇徳が4日間がかりの延長50回でついに決着・・・って


マンガよりも現実はすごい。現実はマンガみたいで素敵だな。

軟式の高校球児たちの夏のぎらぎらに思いを馳せたりして

なにか思うところあったらしく、日記書いとこう。


ここのところ、よく働きよく遊び、胃がもたれ、体力が消耗していく日々。

不安と恍惚に押しつぶされそうなバラ色な毎日でしたね〜。


それにしても反省の余地無くこの8月で42歳になりました。


本日は朝から事務所に詰めて、たまりにたまったデスクワークをこなし

夜はちょっと息抜きに美味しい焼き鳥など、ディープゾーンでいただきたい

それまでに、集中・集中。


昨日土曜日は、朝から事務所に出て、企画ものの電話受付が小さくブレイクしたのを見届けて

イムズホールでコンドルズを見た。コンドルズのステージ、かっこいいな、抜け感と、ゆる感と、シャープさと、遊びと真剣と人生が共存しているような

その感触のまま、福岡市役所1階のカフェで、ノートパソコン広げて報告書送って

バスに乗って博多駅へ。途中、アクロス福岡あたりで、初老の団体が物凄い数乗ってきて、いつにないぎゅうぎゅう詰めの西鉄バス
なんというか、初老の方々の体力に負けてるなオレ、、、とか思った。

博多駅からJRで鳥栖へ、サッカー観戦。ちょっとお高い弁当を手に。
サガン鳥栖VS清水エスパルス
白熱のドロー、生ビールののどごしがきらめくような良い試合。

先日アギーレジャパンのメンバーに選出されたゴールキーパー林彰洋の動きが良かったね、ゴールキーパーが自らゴール決める場面ももう少しで見られそうだった、気合が違うぜ林!アギーレ監督ナイス!


木〜金は東京出張で、9月から始まる業務の打ち合わせと研修と、顔合わせと、気合いれと、可愛がりと、下町飲み。

移動に使ったスカイマークグリーンシートのA330-300の乗り心地が極上で、約1時間の仮眠で、疲れがとれる。
オレ、スカイマークさんの株主なんだけどね、最近のせつないニュースに心を痛めていた、しかしどうよどうよ今回の東京便に乗って、嬉しくなりました。
株価低迷してますが、もう少し買い増しとくか?オレ

先週は、エビス祭りとか、夜の動物園とか

ヤフオクドームのスーパーボックスとか、はたまたヤフオクドームで汗びっしょりの現場仕事とか

そういえば
北九州でKAKUTAの「痕跡」見た。

演劇ってなんと凄いのだろうと、ただただ心振るわせてくれる芝居、舞台でした。
昨年の「彼の地」といい今回の「痕跡」といい、桑原裕子という存在と同時代にその作品をライブで見ることが出来る現実って、なんというか、もう実に素晴らしい。

なんか、こうやって楽しいこと書いてたら、悪くないぜ今年の8月も

懲りないけど、恥じることは無いぜ、って思えてきたよ。