6tsu角notes(ムツカドノーツ)

ムツカドあたりから流れる♪のごときニュアンスを

腹まわりのあいつの事情

微妙に眠たいと書いて『微睡(まどろ)む』
目が放蕩すると書いて『目蕩(とろ)む』

昨夜遅くから朝にかけて大量に雨が降った様子。朝方の雨音を聞きながらの二度寝が実に実に気持ちよい。気持ちよいので自分イメージから約一時間遅く起きる、ぐだぐだに汗をかいて、はっと時計を見て、ダメな気持ちでシャワーを浴びる、気持ち込みで洗い流される朝のその“一瞬”がたまらない快楽。身体の可動領域を動かしてみる、調子は悪くない。アゴ髭に白いものが混じっている、腹まわりのあいつだけはたぷたぷと若い。肩甲骨の翼あたりを意識的にぐるぐる可動させる、最近導入した、ペパーミントとローズマリー精油入りのボディシャンプーで目を覚ます、なにしろボディシャンプーの名称は「wake-up」だ。

KBCラジオから「島田洋七の朝から言わせろ」が流れてきたのでもう部屋を出なければと時計を見ずに思う。そのうち蝉がワンワン集団で鳴きながら、子供の夏休みみたいな愉しげで慌ただしい朝が戻ってくる。
洋七氏が“春吉おでん”のことをしゃべっていたが、そういえばB&Bの復活ライブが福岡であるのですよ、9/23に都久志会館
http://ticket.pia.jp/pia/event.do?eventCd=1227588
これはちょっと気になる、あ、この日は鳥栖で蜷川さんの「トロイラスとクレシダ」もあるではないか。

と、メモを更新しているのは13時すぎ、天神から百道に向かうバスの中、先程にわか豪雨がやってきて、一気に立ち去った。
この豪雨にやられ、足下は完全に水浸し、新しい革靴も水ぶくれ


さて、あれとあれにはじかれた仕事を金土日でなんとか目処つけないと。同時進行案件山積み、新しいこともやりたい、やりたい気持ちを空回りさせないために元気も欲しい(・・・ということで昨夜は焼肉と生ビールでお祝い事でした。カルビで白ご飯が進む進む)。思い出した、また腹回りのあいつが微睡(まどろ)み、目蕩(とろ)みはじめた、喰った飲んだ、あとは寝るのだ育つのだ。幸せそうに。
で、また朝になる。