6tsu角notes(ムツカドノーツ)

ムツカドあたりから流れる♪のごときニュアンスを

喉元まで余韻


水曜日、木曜日と

25時半ぐらいにはお開きにしたので

そこまで深くは、ない


時間は深くないが、感じることが多かったといいますか

どちらも初対面に近い人たちとの食事で

会話のはしばしに、自分を入れるといいますか


直線的に言葉にはしないけれど

最近見た映画や芝居を語ることは

自分のフィルタを通しておりら

この台詞が、、、この役者が、、、この映像が、、、

どういうふうに響いたか、そこには何があるのか、、を語ることは

自分の人生観を語ることに近い。

たいへん盛り上がり、数軒先に、先に、という時間の中

物凄くたくさんしゃべりすぎて

つられて酒も進んだ

楽しいことは楽しい
(いつもだいたい、飲む時間は楽しい)


少しの後悔と余韻でミックスされた

金曜日の目覚め、悪くないけれど

内臓まわりからもやもやが抜けないままだ。



4#11

ある百貨店の事務所に立ち寄り、打ち合わせ。

昔から今に至るまで

‘流通業界’に興味がある

動き続ける、モノやことや情報を目にすると

少し元気になる

その最前線にいる人たちの

シャキシャキした感じがいいなぁ

たぶん、現実的で具体的過ぎる刻み方が

抽象的で感覚的な世界の企画に対して

メリハリが効いて面白いのだと思われます。



ある人をある人に紹介するために

午後、城南区までバスで移動

バスはなかなか進まず。。。


春の陽気な街の渋滞



アルコールがまだ抜けていない

一眠りしたら到着していた。


ここでお会いした人とは

約10年ぶりに顔を付き合わせて話をしたことが分かる。

考えると

そういう場所や人はたくさんある

仕事はルーチンでまわっている

コミュニケーションもとれている

本質的には、とれていない

やはり、そうした間に

別の場所に水が流れているのだ。



夜、喉元から上の方で

美味しいビールを飲みたい

ご近所で見つけた、担々麺の美味しい酒場で


わーっと食べて飲んだ。



いい1週間だった。